マンション投資で安定生活【ラクラク人生設計】

お金

綿密な収益計画が大切

住宅

中古の優良物件を探す

マンション投資を行う際、損益分岐ラインを下げ、収益性を高めるためには購入コストをいかに低く抑えるかが大切になります。そのために有効な手法となるのが、マンション投資の対象物件を中古物件の中から見つけることです。一般的にマンションの売買相場は仮に築1年や2年であっても中古であれば新築マンションよりも購入価格が大きく下がります。一方で賃貸相場は新築の物件でも築5年の物件であっても特異な事情でも無い限り大きくは変わりません。ということは、マンション投資用の物件を築浅などの中古の優良物件から選定することで損益分岐ラインを大きく下げることができるのです。また、マンション投資は短期投資向きの投資ではありません。中長期的に安定した収益を目指す投資です。ということは、マンション投資用の物件を購入してから売却するまでの間、最初に入居した借り手がずっと居住し続ける可能性は少ないのです。そしてその際には、中古物件として新しい借り手に入居してもらう必要が生じます。従って、新築であること以外に借り手にとってのメリットがある物件でないと、そもそもマンション投資には不向きな物件とも言えるのです。

売却時期と額の想定が大切

マンション投資用の物件を選定する際の収益計画を立てる上でもう一つ重要な要素となるのが、売却時期とその際の売却額の想定です。中古物件と比べて新築物件の評価が高い日本の不動産事情においてはマンションの収益力はどれだけメンテナンスを行っても徐々に低下していき、いずれ無くなってしまいます。従ってマンション投資を行う場合、その後に期待できる収益額よりもその時点での売却額が上回ったタイミングが売却のベストタイミングということになるのです。そして、このタイミングを逸して売却時期が後になればなるほど収益率が低下することになってしまうのです。ですから、マンション投資の対象物件を選定する際に現実に即した収益計画を立てるためには、予めその物件をいつ、幾らくらいで売却できるかを想定した上で、その見込売却額を加味した損益ラインを設定することが重要になるのです。

Copyright© 2015 マンション投資で安定生活【ラクラク人生設計】All Rights Reserved.